目元のたるみはエクササイズで改善

目元のたるみは加齢や血行不良によって目の周りの筋肉が衰えることでたるみが発生してしまいます。
顔には細かい筋肉がたくさんあり、使わないことでますます衰えてしまいます。
表情筋の衰えで発生する目元のたるみは、自分でエクササイズすることで改善に導くことができます。
まず、顔と一枚の皮でつながっている頭皮のマッサージをすることで凝り固まった筋肉をほぐすことができて、血行もよくすることができます。

頭皮のマッサージをする時には、耳の後ろやこめかみ、耳下のあたりもほぐすことで鎖骨のあたりのリンパを通して老廃物を流していきます。
次に筋肉の衰えのエクササイズを行います。
入浴後、洗顔や化粧水でお肌を整えて血行がよくなった状態で行うと効果的です。
眉を上げた状態で目を閉じて10秒ほどキープします。
このエクササイズを10セットほど行います。
次に上瞼を指で押さえて固定してから目尻も固定してから上まぶたを左右に伸ばして筋肉をほぐすと同時に鍛えていきます。
エクササイズは毎日続けなければ効果はでません。
目元の筋肉を鍛えるためにも、毎日続けることが大切です。
目元のたるみには目尻を上げるエクササイズが効果的です。
目尻を上げるには、目尻を斜め上に軽く引っ張り目を強くつむって5秒程キープします。
次に反対に目尻を少し下に引っ張り強くめを閉じてそのまま5秒程キープします。
下瞼は頭皮のリフトアップを行うと効果的です。
頭皮のたるみを改善するためには、髪の毛の生え際を指の腹で持ち上げて頭頂部へ向かって引っ張ります。
次に耳の上の頭皮を指の腹を使って頭頂部へ向かって持ち上げてしばらくキープします。
目元のたるみには小じわによるものが乾燥が原因のことがあります。
パックなど保湿ケアをすることで乾燥を防ぎ水分を十分に与えることができます。
毎日でなくても週に数回目の下の部分にパックをするだけでも効果的です。
目元はフェイスパックとは別に目元専用のパックや血行をよくするためのホットタオルをすることがおすすめです。

目元のたるみは老けて見えるので要注意!

目元がたるむと、上瞼が下がってきて目の開き方が小さくなります。
たるみのない時と比べても3割ほど目の大きさが小さくなるという報告もされています。
目の周りの加齢現象が進むことで目の周りだけでなく額のシワが増えたりと、ますます老けて見える可能性があります。
目元の皮膚科とても薄く乾燥にも弱いです。
毎日鏡を見ていると、自分の瞼がたるんできているかわからないことがあるので、老け顔を防ぐためにもまぶたのたるみをチェックしてまぶたがたるんでいるか確認しておく必要があります。
まゆげの上に人差し指をしっかりと乗せて、指を動かさないように目を開けることができなければたるんでいるということになります。
目元のたるみは実年齢よりも老けて見せることがあり、目のまわりだけでなく顔のほかの筋肉の衰えも引き起こしてしまうので要注意です。

まぶたがたるんだきたと感じたら、エクササイズに加えてホットタオルを使って血行をよくしたり筋肉をほぐすサポートをすると効果的です。
ホットタオルは血行をよくするだけでなく、クマを解消したりリラックスさせたりと、きたるみを改善するための手助けをしてくれます。
エクササイズをする時は筋肉をほぐすためにも、ホットタオルで温めて血行をよくしてから行うと効果的です。
普段使われている表情筋は約30%を言われています。
使われていない表情筋を意識して普段から鍛えることは、崩れたフェイスラインを改善したり、たるみを改善したりと、若々しい表情を取り戻すためにも大切なことです。
エクササイズを毎日続けることが大切ですが、忙しくて時間がないという方はホットタオルだけ行う、パックを週に数回行うなどできることから始めることが大切です。