上手なアイメイク法を身に着ける

アイメイクはメイクの中でも特に力の入るものです。
パッチリとした大きな目は可愛らしいですし、印象的な目元というのは活力があり人を美しく見せるパーツのひとつとも言えます。
上手なアイメイク方法をマスターして、パッチリと美しい仕上がりを手に入れましょう。
アイメイクが上手な人というのは、ごちゃごちゃと工程を踏まないシンプルなメイクであることが多いのです。
目をパッチリ大きく見せたいからと、アイシャドウやマスカラを下まぶたまでしっかり仕込んでしまうのは清潔感に欠けます。

上手なアイメイクの方法として、アイシャドウやマスカラは極力シンプルにするということを肝に銘じておきましょう。
シンプルで丁寧なアイシャドウやマスカラのほうが、案外パッチリとした目に見せてくれるのです。
まず上まぶたは、アイシャドウでナチュラルなグラデーションを作ります。
目を縦にパッチリさせたい時は黒目のラインを中心に、上まぶたに山を描くように縦向きのグラデーションを意識してアイシャドウを乗せます。
キリっと大人っぽい目にしたい時は、目頭から目尻へかけて横向きのグラデーションをつけましょう。
まぶたに何色か色を乗せた後、何もついていないブラシで色の境界をぼかすと上手なグラデーションができます。
下まぶたは、濃い色のアイシャドウやアイラインを引いて目を囲ってしまうと、逆に目が小さく見える場合があります。
いわゆる「締め色」と言われるカラーは、下まぶたには乗せないほうがパッチリと仕上がります。
下まぶたにアイシャドウを乗せるなら、ベージュや淡いカラーが良いでしょう。
ラメ感のあるものを乗せると、瞳をウルっと見せることができますし、白目もクリアに見せることができます。

気になるクマがある場合は、クマとは反対色のカラーを仕込む方法で目立たなくさせます。
マスカラはボリュームタイプやロングタイプがあり、これらは個々の好みによって使いわけましょう。
どちらにせよ、あまり重ねずにダマのないシンプルな仕上がりが美しいです。
マスカラを塗る前や塗った後にスクリューブラシでとかすと上手く液が広がります。
下まぶたはボリュームタイプを控えめに塗るのが、基本的にはどのメイク方法にも合います。

自分にあったアイメイクは美容部員に聞くべし

雑誌やネットでは、流行りのメイクや効果的なメイク方法は調べれば調べるだけの情報が様々出てきます。
しかし、それらが果たして自分にピッタリ似合うのか、メイク効果を得られるのかというのは確実ではありません。
人それぞれパーツの形状は違うわけですから、どれをどの程度にすれば良いのかという加減はスキルやセンスに大きく左右されます。
特にアイメイクは、顔の印象に深く関わる重要なパーツです。
どんなメイクが自分に似合うのか、目を大きく見せたいといった好みのメイク効果はどうやって得られるのか、たいへん重視すべき点です。

客観的な視点も含めて、ここはプロである美容部員に教えてもらうのが得策でしょう。
美容部員はメイクの専門知識を備えたプロですから、個々の顔付きや雰囲気となりたい仕上がりをしっかり見極めることができます。
アイメイクはカラーを楽しむのにもうってつけのパーツですが、美容部員と一対一でカウンセリングしてもらうことによって、ひとりひとりに似合うカラーを教えてもらえます。
美容部員は多々あるコスメの特性をしっかりと把握しているので、顔付きやパーツの形状そして肌質などに合わせてより効果的なアイテムを提案することができるのです。
アイシャドウはどのカラーが似合うのか、アイラインはどのくらい引けばよいのか、マスカラはどのタイプが良いのか、など自分に似合う自分だけのメイクを知ることは、流行りのメイクを知ることよりも大切です。
また、自己流でいろいろと付け足した厚塗りのメイクも、美容部員に教えてもらうとシンプルで洗練された工程になる場合もあります。
ムダを省いた美しいメイクは上品な仕上がりで、どの年代においても万人受けするものです。