ルミガンとケアプロストの価格

まつげを伸ばす目的で利用されることが増えてきたルミガンですが、一般的にはルミガンは眼科で処方されるお薬です。
と言ってもまつげを伸ばしたいので処方してくださいと言って出してもらえるわけではなく、緑内障の患者さんのための目薬として処方されます。
なので美容目的の場合にはまず処方されません。
病院などで購入するには、美容外科へ行くしかありません。
しかし保険適応外なのでかなりの高額になります。
価格はだいたい12,000~14,000くらいはします。
そこでジェネリックであるケアプロストを購入できるところであれば、価格はもう少し抑えることができます。
国内ではなかなか取り扱いのある病院は少ないようですが、5,000円台が相場のようです。
1本の容器に2.5ml~3ml入っています。
説明書きには1カ月で使い切ってください、とあります。
しかし実際には2~3カ月ほどは使えます。
衛星的な問題と、品質の問題で1カ月で、という事なのだと思うので、そこは自己責任で使う方が良いです。

インターネットで購入することもできますが、これはあくまで処方箋が必要なお薬になるので、病院以外で購入するという事であれば、個人輸入代行を利用するしかありません。
個人輸入代行サイトで購入すると、ルミガンは3,000円から4,000円程度、ケアプロストは2,000円から3,000円程度の価格に落ち着きます。
まつげのために使いたい、という美容目的の場合、どこの病院でも保険適応外になりますし、そもそもそういった目的での取り扱いのない病院の方が多いと思います。
まつげを伸ばすという美容目的で買いたいのならば、わざわざ保険適応外で価格の高いルミガンやケアプロストを買わなくても、ネット通販を利用する方がお得で便利ということになります。
ネット通販で購入する際には、安いというだけで比較して買うのではなく、信頼できるサイトかどうかをしっかりと判断してから購入することをおすすめします。

病院とネット通販での購入価格が違う理由とは何か

病院でルミガンやケアプロストを買うと、何千円とか1万円とか高額になってしまうのは、やはり美容目的であると保険適応外になってしまうからです。
病院によって、美容目的であるにも関わらず、保険適応外とせずに処方してくれるところがあるとすれば、ちょっと怪しいかもしれません。
病院で購入するとなぜ高額になってしまうのか、それは普段保険適用でお薬を買う時には3割しか払わなくて済むようになっているからです。
それを10割の全額負担で購入することになるので高くなるのです。
それと反対にネット通販だとなぜ価格がこんなにも安いのか、それは個人輸入というところがポイントになります。

個人輸入代行でネット通販を行っている業者は、お客様の手元に届くまでに他の業者などを挟むことなく販売できるの、様々な手数料などがかかりません。
いくつもの業者を仲介して販売されるお薬などは、それだけ手数料などが加わってしまいます。
なので個人輸入をおこなっているネット通販では安いお薬を買うことができます。
まつげを伸ばしたいという目的で病院へ行くよりも、ネット通販の方が気軽にルミガンもケアプロストも買うことができます。
ただ、病院で日本のお医者さんが処方してくれるお薬は、日本の薬事法をきちんとクリアしたものということになります。
予防接種なども保険はききませんが、安心できるものです。
その安心をお金で買うという意味で、高いけれど病院で買うという選択肢もあります。
安いからネット通販で買う、という時にはそれなりのリスクもあると理解しておいた方が良いです。
個人輸入は確かにどの薬も安いですが、万が一副作用などが出で、お医者さんにかかることになってしまえば結局高くつく可能性もあります。